• HOME
  • 相続
  • 遺言
  • 相続税
  • 成年後見
  • 費用
  • 事務所概要
  • お問い合わせ
相続

相続の基礎知識

孫とティータイム

相続とは

人は生きている間に財産を築きます。その人が死亡すると故人が作った財産を有効に利用するのが故人の遺志に適います。そこで法律は、故人の遺志の尊重という配慮から「相続」という制度を作りました。

みなさんにはまず、相続の基本をお伝えしておこうと考えております。

相続という言葉は日常耳にはするけど、実際にはまだ自分とは関係ないと思っていらっしゃる方も多いと思います。そういった方にも分かりやすく、少しでも相続について知識をつけていただければと思います。

相続財産の受け継ぎ方

相続人が複数いる場合の相続は大きく分けて次の3つの方法があります。

遺言書がある場合 個人が遺言書を作成していた場合は、遺言書の内容に従って相続する
遺産分割協議による場合 相続人全員の話し合いにより誰がどの割合で財産を受け継ぐのかを決めて相続する
法定相続による場合 遺言書がない場合、法律に定められたルールにより相続人各々が相続する

相続放棄・限定承認・単純承認とは

  1. 相続放棄

    プラスの財産(預貯金・不動産等)よりマイナスの財産(借金等)が多い場合に相続をしない方法
    相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に届出をします。

  2. 限定承認

    プラスの財産の範囲に限ってマイナスの財産(借金等)を相談する方法相続開始を知ってから3ヵ月以内に過程裁判所に届出をします。相続人全員でする必要があります。

  3. 単純継承

    プラスの財産(預貯金・不動産等)もマイナスの財産(借金等)も全て相続すること
    相続開始を知ってから3ヶ月以内に相続放棄または限定承認をしなかったときは単純承認したものとみなされます。

代襲相続とは

代襲相続とは、被相続人がお亡くなりになる前に相続人となるべき者(推定相続人)が死亡など、一定の要因により相続権を失った場合に、その者に代わって同人の直系卑属(子・孫など)が同一順位で相続人となり相続権を失った者の相続分を承継することをいいます。

代襲相続人

民法上、被相続人の子又は兄弟姉妹が、相続の開始以前に死亡したとき、又は相続欠格や廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子(孫又は甥姪)がこれを代襲して相続人になるものとされています。被相続人の子又は兄弟姉妹に代わって相続人となる者を代襲者といい、代襲される被相続人の子又は兄弟姉妹を被代襲者といいます。被代襲者の配偶者は代襲相続人とはなりません。

代襲相続人になるための要件

  1. 被代襲者の子であること
  2. 被相続人の直系卑属(被代襲者が兄弟姉妹である場合は、傍系卑属)であること
  3. 相続開始のときに存在していること
  4. 被相続人から廃除された者又は被相続人との関係で欠格者でないこと

再代襲相続

代襲者である子の子(孫)について、更に代襲原因となる事実が発生すれば、その者の子(曾孫)が代襲相続人となりますが、相続人が兄弟姉妹である場合、兄弟姉妹の子(甥姪)に限って代襲相続が認められ、再代襲は認められておりません。

代襲原因

  1. 相続開始以前の死亡
    被相続人と被代襲者の同時死亡の場合も含まれます。
  2. 相続欠格
  3. 廃除

相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされますので、相続放棄は代襲原因になりません(相続放棄したものの子は、代襲相続人とはなりません)。

お問い合わせフォーム
事務所情報

〒530-0054
大阪市北区南森町2丁目2番2号
南森町千代田ビル5階

事務所概要

債務整理専用サイト

債務整理も当事務所でお取扱いしておりますので、債務整理に関してお知りになりたい方は下記画像をクリックして下さい。

天馬司法書士事務所

税理士法人ファミリア大阪事務所

大阪借金整理相談所